字を書くときに「払い」を「止め」てしまうかたが意外と多いです

東京・銀座にてペン字・筆ペン・書道教室を

いています。

美文字講師の

藤倉 千裕(ふじくら ちひろ)です。

文章や名前住所・・と字を書く際に

本来は「払う」べきところを「止め」ているかたが意外と多いです。

みなさまは、心当たりがありますでしょうか?

例えばこちらの「谷」という漢字♪

ぱっと見ると、「普通じゃん!」と思いますよね?!

しかし・・・

〇まる3つは、本来払うべきところです。

ここが払いではなく止めにかいております。

 

こちらが払いが3つとも出来ている「谷」の例です。

漢字一文字でみると、

すごい変化はありませんが

文章で書くを想像してみてください・・・

払いを止めてしまうと文章全体で見たときに、字の綺麗さで差がでます。

払いがきれだと伸びやかな印象になるのです。

今回はレッスン時に、生徒さまのペン字の添削をしていて気付いたことをかきました。

意外と「払う」べきところを「止め」ているかたは多いです。

自分の字を書く際の参考にしてみてくださいね!

●ペン字コース

◆最新のレッスンスケジュールはこちら

~品格と日常生活で役立つ美文字レッスン~
東京・銀座の書道ペン字筆ペン教室 美千(びせん)
藤倉千裕