年賀状や書道作品に押す、落款印/篆刻印について①

東京・銀座にてペン字・筆ペン・書道教室を

いています。

美文字講師の

藤倉 千裕(ふじくら ちひろ)です。

書道の作品つくりをした経験があるかたなら、

ご存じと思います落款印/篆刻印についてです。

というのも、年末が近いせいか筆ペンで年賀状のレッスンを受講されるかたが増えております。

わたしは、落款印と呼んでおりますが

篆刻印/落款印どちらでも呼びやすいほうで良いと思います。

落款印は書道作品に押すほかにも

今の季節ですと年賀状に最後押すとグッと全体の雰囲気がしまりますよ♪

 

昨日の筆ペンレッスンでも、

筆ペンマスターコースの年賀状のレッスンを受講された生徒さまが上記写真の美千の落款印を最後に押しました^^

画像上にある朱肉につけてから押します。

通常用のサイズの朱肉と携帯用サイズの朱肉2つです。

この朱肉がはじめてのかたは結構驚かれます。

こちらは、白文です。

落款印には大きく分けて【朱文】と【白文】がございます。

私は、作品によって朱文と白文を使い分けておりました^^

このことについては、

また後日詳しく説明いたしますね・・・♡

●書道個人レッスン

●筆ペンコース

◆最新のレッスンスケジュールはこちら

~品格と日常生活で役立つ美文字レッスン~
東京・銀座の書道ペン字筆ペン教室 美千(びせん)
藤倉千裕